投稿

クリエイトか?オペレイトか?

オンデマンドで一人ひとりにフィットしたご提案

写真館で決まったフォーマットのポートレートを撮るのが一般的な写真館のスタイル ですが、スタジオカジーのポートレート撮影サービスは違います。被写体をどう捉え、どう伝えればどういう結果をもたらすのかという、写真というプロダクト でストーリーを紡ぐ、一連のワークフローがクリエイティブフォトグラファーに求められるマストスキルです。

スタジオカジーフォトグラフィーでは個人のお客様のポートレート撮影では、お客様とのコミュニケーションを大切にしています。
お電話やメールでお問い合せを頂いたときから、お客様のご意向に合わせてイメージングが始まります。

個人のお客様の多くは、ノープランでいらっしゃいます。むしろ、綿密なイメージングを練ってからご来店いただくケースは稀です。例えノープランであっても、ポートレート(肖像写真)を撮るには必ず意図があり、お客様といっしょにイメージを具現化いたします。

ポートレートのみならず、広告用の商品撮影もクリエイティブマインドで写真を創造し、オンデマンドのサービスをお約束いたします。

 

よく撮れた写真よりも
よく撮った写真を撮影

ポートレートはポージングが大切

ポートレートを撮る際、最も大切にするべきところはポージングです。

表情も大切と言われていますが、スタジオカジーフォトグラフィーでは顔を撮っているというよりも、写る人物の動きを捉えることに重きを置いています。

 

よく、ポートレートは表情が大切と解説されていますが、これは解釈の違いかもしれません。

良い表情を捉えるのは当然のことですよね。良い表情だけ写っていても、それはいい顔の証明写真になってしまう恐れがあるからです。

ポートレートは、女性でも男性であってもダイナミックな動きが静止画に生命を吹き込みます。なぜなら、もし顔が正面を向いていなかったり、後ろ向きだった場合、ポートレートとして成立しなくなってしまうからです。

お客様のポートレートを撮る場合、顔を撮らないことはほとんどありませんが、顔が写っていないポートレートでも絵として成立させるにはやはりポージングが整っていないと味気ないどころか、失敗ポートレートになってしまうでしょう。

宣材成功の近道

遺影用の撮影に関するオプショナルサービス

遺影撮影オプション

昨今お客様からのお問い合わせが多い遺影用の撮影サービスについて、弊社の撮影メニューのご紹介のページをご用意いたしました。

サービス内容を中心にご案内しております。 出張サービスや、スタジオで思い出の一枚をご提供いたします。

遺影、寿像に関するお問い合わせも随時受け付けております。 お気軽にお電話、問合せフォームでお問い合わせ下さい。

男性ポートレート

こんな感じで撮ってもらいたい

男性はなかなか撮る機会の少ない「男性ポートレート」ですが、studio kazy photographyから全国の男性諸氏にご案内です。

はっきり言って、自分でも欲しくなるスタイルのポートレートです。 男を「漢」に仕上げます。

本当に満足できるポートレートをお求めなら是非スタジオカジーフォトグラフィーで!

男性ポートレートのサンプル

 

Portfolio Items