ポートレートはポージングが大切

ポートレートを撮る際、最も大切にするべきところはポージングです。

表情も大切と言われていますが、スタジオカジーフォトグラフィーでは顔を撮っているというよりも、写る人物の動きを捉えることに重きを置いています。

 

よく、ポートレートは表情が大切と解説されていますが、これは解釈の違いかもしれません。

良い表情を捉えるのは当然のことですよね。良い表情だけ写っていても、それはいい顔の証明写真になってしまう恐れがあるからです。

ポートレートは、女性でも男性であってもダイナミックな動きが静止画に生命を吹き込みます。なぜなら、もし顔が正面を向いていなかったり、後ろ向きだった場合、ポートレートとして成立しなくなってしまうからです。

お客様のポートレートを撮る場合、顔を撮らないことはほとんどありませんが、顔が写っていないポートレートでも絵として成立させるにはやはりポージングが整っていないと味気ないどころか、失敗ポートレートになってしまうでしょう。

宣材成功の近道