食品シズル撮影の悩み

上手く撮れない

お客様にお出しする料理のメニュー用写真をご自分で撮影されている飲食店の経営者さまの悩みはほとんどの場合下記に当てはまるのではないでしょうか?

「白いテープルに置いて撮ってるけど、妙に暗い写真しかとれない」

「汚らしい影が映って、不味そう」

「美味しそうに撮れない」

「照明機材とカメラを買っては見たけど、プロのように上手く撮れない」

「撮影を頼みたいけど、料金どれくらいかかるんだろう?」

料理のシズル写真

お料理や食品は、商品であっても料理以外の商品撮影とはカテゴリーが異なります。

向上で大量に生産された肉まんやおにぎりであっても、それを口にするという目的がある限り、形や色を正確に表現する商品撮影とは目的が違うからです。

もちろん、色や形は重要ですが、食品の写真は視覚で味覚を連想させる写真です。

料理の写真は「シズル写真」とも呼ばれています。撮影で「シズル」というと、ほとんどの場合、被写体はは料理・食品です。

シズル撮影で重要な要素

上記にある撮影上の悩みをまずはすべて克服することです。

撮影時の光が上手く料理を照らしていると、携帯電話のカメラでもそれなりのシズル写真が撮れます。

光のコントロールは当然大切なのですが、光がどんな状態であってもカメラの露出の設定を適正に設定できていれば、かなりのシズル写真のクオリティーは向上します。

プロによる盛りつけであれば、露出コントロールのみで相当高いクオリティーのシズル撮影が可能になります。

露出の他にも写真には大切な要素が沢山あります。ライトコントロール、アングル、レンズの焦点距離、レンズの絞りと「美味しい」のイメージ作りには欠かせないものばかりです。

ワンランク上の料理の写真なら
お客様の反応が大きく変わります。